ディーラー下取りの欠点を補うのが中古車買取業者に査定を依頼する方法

乗用車を売却するにはまず査定を受ける必要があります。

一口に査定といってもやり方は中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

多いのは、車の買い替え時に下取りに出し、ディーラーに値付けをしてもらうやりかたです。

一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、普段から車を使う人にとっては足がない期間の心配が要らないので良いのですが、下手をするとディーラーの言い値になるため結果的には買取業者に頼むよりも買値は安くなりがちです。

そうした下取りの欠点を補うのが中古車買取業者に査定を依頼する方法です。

品物を欲しいと思う複数の業者間で競争原理が働くので、下取りに出すのに比べて査定額は高くなりやすいです。

車関連の一括見積りサイトというと中古車の売却が頭に浮かびますが、ネットで自動車保険各社から一括見積もりがとれるサイトというのも増えています。

生命保険などと違い、自動車保険は戻ってくるお金が満期時にも解約時にもない掛け捨て保険です。

したがって、同じサービスなら安い自動車保険へと移ったほうが断然トクということになります。

その他の一括査定サイトと同様、無料で利用でき、24時間いつでも複数の会社の保険内容や金額を見ることができ、時間も手間も格段に減らすことができる点は魅力的です。

中古車を売るならまず査定を受けることからスタートです。

インターネット上での査定というのは機械的な査定にすぎませんから、あとで実車査定が終わると正式な価格が提示されます。

満足のいく価格であれば、印鑑証明書(軽自動車は不要)や必要書類一式を用意して契約という運びになります。

その後、車両の引取りと所有者の名義変更といった型通りの手続きをもって指定した口座にお金が振り込まれ、すべての売却手続が終わります。

一般に海外の車というと国産車に比べて、買取価格がいまいち伸びないというお約束があります。

外国車としては名の売れた車でも、日本全体の車の量で考えると国産車より圧倒的に少ないため、市場価値の判断がつきにくく、あまり高額で買い取っても業者の利益が確保しにくいのです。

しかし高値がつかないからと諦めるのは早計です。

少しでも高く売るためには、同じ条件で複数の買取業者に買取り価格の見積りを出してもらうことが有効でしょう。

一度に多数の中古車屋に一括で見積りを依頼できるサイトがありますが、こうしたサイトを使うと複数業者の査定額が本当に簡単に手に入ります。

トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、おおよそ1万kmが標準といわれています。

そしてその5倍の5万キロという総走行距離の車は業界では多走行車と呼ばれ、買取査定の際にはしっかり減点されます。

また、10万を超えた車は過走行車と呼ばれてタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

ただ、走行距離が少ないほど良いとは言えません。

車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、却ってパーツが劣化して故障寸前になっていることも充分考えられるからです。

専門家である買取業者からすると、個人がいくら隠そうと努力してみても買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

偽ってまで値段をつけさせるという考え自体、単なる不誠実というよりも法的な問題に発展します。

契約前ならその後の話もナシになってしまうかもしれません。

そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。

こういった事態に対応するために、契約書に目を通すと告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

曇天の日や雨が降っているときなどは、晴天時に比べて車のボディの傷や汚れが見づらいので、高めの査定がつきやすいという噂があります。

しかしながら、業者自身も見づらいのは分かっていますから、「見落とさない対策」も用意されているので、今となっては絶滅寸前の噂と思ったほうがいいでしょう。

それに掃除が行き届いている車というのは晴天ではさらに美しく見えます。

お天気次第でこちらが絶対有利なんてものはないですし、雨天査定は有利といった都市伝説に振り回されるよりは、査定前に埃を払っておくほうがよほど効果的です。

期末であり年度末決算も抱えた3月と、真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は比較的高額商品の売れ行きが良く、自動車もよく売れます。

中古車販売業者の多くは売れ行きが好調なときはもっともっと商品が欲しいと思っています。

したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

一方で4月は、ボーナスとは別に取引量の多い3月の直後にあたるため、査定は全般に下がり気味になります。

使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、見積り前にタイヤを新調する必要性はまずありません。

もともとタイヤというのは消耗品と考えるのが普通ですし、買い取ったあとに販売店のほうで別のタイヤに交換してから売るのがザラですから、投資するだけもったいないです。

タイヤは交換が容易な消耗品ですから、車全体の査定額に及ぼすマイナスはあっても極めて少ないです。

手持ちのタイヤを自分で交換するなら構わないですが、実際にそれで得することはほとんどないでしょう。

車を買い取る前に行われる査定では、外観や走行キロ数などいくつかの項目で標準値を設定し、ここはマイナス、こちらはプラスといった具合に客観的な値付けが行えるようになっています。

これは確実にマイナス評価になるだろうというポイントは、ヘコミやある程度目立つ傷が車体に見られる場合です。

気をつけたいところでは、それらのキズを素人なりに修理しようとした場合で、大きなマイナス点をつけられるケースも多いです。

身内が修理工場で自分も腕に覚えがあるというのならともかく、普通は現状で売る方が金銭的にもトクです。