楽しいTRPG

私の夢中になれる趣味と言えば、TRPGです。
TRPGは、「テーブルトーク・ロールプレイングゲーム」の略であり、コンピューターゲームではなく、複数人で集まって遊ぶゲームです。
必要なものはTRPG用のルールブックで、ここにはゲームを遊ぶためのルールや、ゲームで使用するキャラクターの作り方などのデータが載っている本です。
遊ぶルールを決めたら、遊ぶ人達で「ゲームマスター」一人と「プレイヤー」一人~マスターが指定する人数までに別れ、マスターが用意してきたシナリオ(例えば中世の世界で、悪者に攫われたお姫様を救うなど)を、プレイヤー側が攻略します。

これが普通のコンピューターゲームと違うのは、コンピューターゲームは一つの問題に対して一つの解決策しか取れないことが多いですが、TRPGであればマスターが認めさえすれば、どんな解決方法でも可能なことです。
例えばお姫様を助けるにしても、「悪者と正面から戦って倒す」「こっそり忍び込んでお姫様を連れて逃げる」「悪者を暗殺してしまう」等、様々な方法が考えられます。
ただし、マスターが認めてくれなければ出来ないので、その行動を取る理由や有効性はしっかりと示さないといけません。
そうやってアイデアを出し合い、予定調和ではないストーリーを作り出していけることが、TRPGの魅力です。

私は休みの日などには、友だちと集まって良くTRPGをやります。
気心の知れた仲間達と頭を捻って遊ぶのはとても楽しく、時間があっという間に過ぎていきます。
遊ぶのに慣れれば慣れるほど新たなアイデアが溢れ、当分の間、終わりは見えそうにありません。