仕事の都合で人前でプレゼンする事が多いのでわき汗に悩む

汗に関する悩みは尽きないものですね。
あたしは、ワキの汗に悩んでいるのです。
何でわきの汗なのかというと、仕事の都合で人前でプレゼンする事が多いので、そのときの汗の悩みとして、わき汗の染みが見えてしまうという事があります。

汗の悩みを抱える者として、着る服を選ぶのは大切です。
デザイン重視のあまり、うっかりわき汗が分かりやすい服を選ぶと最悪です。
とりわけ、グレーは注意が必要です。

その訳は、グレーという色は汗が染みたことが見えやすいのです。
黒く浮き出た汗染みは見た目に良くないです。
それに、本人に意識はなく他の人から言われたりするとメンツをつぶされる事になるのです。

汗の悩みって、どうしても他人に相談しにくいことです。
相談してみても相手方も上手く回答できないのではないでしょうか。
ですのであたしは「汗で困っている事を解決できるインターネットサイトがないかな?」と思っています。
気軽に汗で悩んでいる事を相談できないかなと思います。

汗は代謝でカラダにとって良い働きをしているので有り難いのですけど、自分は汗かきな性質なので、辛い思いをした事があります。
夏の時期に額からよく汗をかき、寒い季節は手汗をよくかくという風にとても厄介なものでした。
顔から出てくる汗で厄介だったのが、服のえりに汗がついたり、目に入って沁みたり、物や資料に滴下して滲んでしまうなど。

隣にいた方の心遣いでタオルを渡されたりしたので、そのあとからはハンカチをよく使用していました。
脇汗での困りごとは、シャツや洋服の脇の箇所に濡れた部分が目立ち臭いが気になるので、消臭スプレーを脇の部分にかけたり、専用のボディソープを使い丁寧に洗いました。

手にかく汗で困らされたのは、夏にはそこまでかく事はありませんが、冬場は物を持ったときに濡れていて滑り落ちたり、スマホとかよくやることなのですがアイコンをタップしたりすると間違えてしまう事があります。
だから、私にとって汗は「体にとっては必要だけど厄介なものだ」と思ったのです。

高校時代に、仲のいい友だちと学校を卒業したらどんな職業に就きたいか話をしてた時に自分は具体的な将来の目標みたいなのはなかったのですが、その友人は美容師になりたいという夢を持っていて、美容師になってたくさんの人を綺麗にしたいと言ってました。

凄く器用な子で、朝からあたしのバッサバサの髪を綺麗に結ってくれたりして感心していたのです。
でもそのお友だちが困っている事が体の各箇所に汗をかく「多汗症」という症状で、屋内で行う体育の授業の時も素足で歩けば足跡がつくほど汗をかいている状態。

掌はいつも湿っているので、手を掴む時や髪を触る際には「気持ち悪いんじゃない?」などという事を、言っていたのです。
私としては親しい仲だったので何とも思いませんでしたが、やっぱり仲の良くない人なら手を掴む時に、すこしは不快感があるのかなと思っていました。
だけど、その子の夢は美容師です。
大変悩んでいたのです。

悩んでいる話を聞いても、まだ10代前半なので多汗症という言葉さえ知らないし知識のないあたしには何もできることなんてなくて…。
だけどそのお友だちは高三の夏休み中に医療施設に行き多汗症を治す手術を受けたと始業式に聞きました。
確かに手もさらさらになっていて、そのような病気や治療法があることを初めて知りました。

今現在は願いが叶い、繁華街の評判の美容室で店長をやっていて雑誌に掲載されたこともありました。
掲載された記事をを見ると私の方が嬉しくなります。
私が自慢できる唯一の友達です。

私は一番脇下に汗をかいてしまうので、季節を問わず、汗臭対策をしています。
汗で色が変わってしまうような色のシャツを着ていると、スグに見つかってしまいます。
職場の先輩に脇汗を何度か指摘されて、とても恥ずかしかったです。

けれども、自分では発汗しないようにコントロールできないので、気にしないようにしていました。
ですが、相手目線で考えたら、自分自身の汗は何とも思わないけど目の前にいる人のワキの汗が見えるのは嫌だと思います。

私もホントは、人の汗なんてみたいと思いません。
スポーツなどのさっぱりしたような汗でも、できるだけ表面に出ないようなシャツが良いと思っているのです。

しかも汗だけではなく、汗臭があったらとても嫌です。
私もにおいの方は気づかっていますが、人のにおいは気になります。
その為、自分は夏場はお酒は飲みません。

アルコール飲料はニオイの元となりやすく、自分でそれがわかったからです。
冬場でもカラダを暖かくするのにニンニクを頂くと、暖房がついているところではそれが汗の臭いとなって出てしまいます。
そのため、季節を問わず、汗と汗臭対策は必要だと思います。

男性専用の汗対策サプリがキャンペーン実施中⇒アセスケア お試し