どうしようもできない体臭は本人が一番つらいかも

じぶんはワキガのにおいが駄目です。
風呂で体を洗っても殆どニオイが無くならないのが欠点だと思いました。
職場にも体臭が強烈に臭う人がいて、しょっちゅうその男性の近くを通るのですが地獄です。

気分が悪くなってゲホゲホむせ返ってしまいます。
その方も苦しい思いをしてるはずですが、ニオイは相当なものです。

体臭のある人はまわりに気を配ってはいるのですが、どうしようもできない体臭が自分では嫌なんだろうなと思います。
本当にイヤなら手術を受けることを考えてみればと思いました。

近ごろはさまざまな手術のやり方があるようですが、目で確認してアポクリン線を取る剪除法という手術の方がわきが再発が少ないようなので、ぜひ考えてほしいと思っています。
自分も困っていて人にも不快感を与えているのでしたら、そのほうが周りや本人の為にも上手くいくのではと思います。

最近は臭いに過敏な感じがあるので、手を抜かないようにしないと社会でやっていけないようなことを言われる人も多いんだろうなと思っています。
過剰にニオイにこだわるような時代にはなってほしくないですね。

軽作業をする職業なので、夏は特に汗のニオイには注意を払っています。
他人にも悪いですし、今ではスメハラといい、「臭い」が他人にイヤな思いをさせることとして取り上げられてきているので、成る丈人に迷惑をかけないように気を付けています。

あたしの防臭ケアとしては発汗があった場合はこまめにハンドタオルで拭くようにしたり、デオドラントスプレーや汗ふきシートを利用したり、常日頃から汗を掻く習慣をつけて汗腺を鍛えるというような方法をとっています。
そこまでやっても不十分なので、勤め先には着替えやハンドタオルを備えて、汗を除去し、汗のニオイを防ぐようにしています。
自分自身でも感じ取れるくらいの体臭ですので、周りの人にバレずに済むはずがない問題なので、マナーとしても当然のことです。

あと、職場の男性ではどういった状態でも清潔感のあるニオイをさせてる人がいて、汗をかいて服に汗がついても汗のニオイがしてこないのです。
何と言うか洗濯用柔軟剤のフローラルな香りが香るばかりなのです。
エチケットとして非の打ち所がないその男性は替え用の衣服も必ず備えていて、ちょくちょく着替えているようで、本当にイメージがいいです。

人間はみな「体臭」があります。
その「ニオイ」が人の害になることをしっかりと認識しておかねばならず、それから、できる限りの対策は講じておかねばならないと思っています。

自分はすごく汗かきです。
寒くても、すこしからだを動かしただけでも発汗してしまいます。

その為、汗臭くならないように、制汗剤とかで対応しています。
暑い季節の電車の中では、近くにいる人が自分の事を臭い人と思っていないかと気にしています。

また、近くに若い子がいたら、非常に心配してしまい、他に移動したくなります。
アセ臭くなってしまうのは、食生活じゃないかと考えたので、変えることにしました。
最初に、食事が肉中心だととてもクサイ臭いになるという話を聞いたので、お肉の量を減らしました。

次に、野菜を中心に食べるように変えてみたのです。
最近やっている、汗臭くならいようにする対処法としては、なるべく汗を出さないように薄着にしているのです。

それから、水分補給はあまりしないようにしようと考えています。
必要以上に水分補給すると汗もたくさん出ると僕は思っているからです。

アセのニオイという物は本当に気になります。
汗臭や体臭をなくす手段を見つけたいなと思っています。